ホーム > 日記 > 子供の頃のお雛様の思い出

子供の頃のお雛様の思い出

2月になると、早々とお雛祭りの話題がちらほら出るようになってきました。お雛様と言えば、我が家にも7段飾りの立派なものがありました。今考えれば、かなり豪華なものだったと思います。
私は姉と兄がいる3人兄弟だったため、姉が生まれた時に母の実家から送られた雛人形を姉と一緒に飾ることが多かったです。ですが、その雛人形を飾る作業が結構大変でした。まずは、2階の押入れから1回の畳の間まで運んでくる作業があります。10箱ぐらいあった箱をセッセセッセと階段を通って運ぶ作業は、かなり大変でした。そして、雛壇の組み立ても重労働でした。母と私と姉と女3人だったのですが、なんとか協力して組み立てていました。そして、赤い布を敷き、その上に人形を順番に並べていきます。毎年やっていることとはいえ、人形の並び順がさっぱり覚えられず、毎回小さなパンフレットの写真を参考にして並べていきました。
私は、まだ子供で背が低かったので、一番上段のお雛様とお内裏様に手が届きませんでした。本当は主役である二人を並べたくて仕方ありませんでしたが、いつも姉が担当していました。そして、それぞれの道具の人形に持たせてようやく雛人形の飾りつけが完成します。いつも3時間程かかって飾っていました。
今では、姉も私も嫁いだので、そのお雛様が飾られることがなくなって少し寂しく思います。
http://www.mrseiler.org/


関連記事

  1. ところで「妻が誰かと浮気している」に関する証拠を探し出しましたか...。

    早いうえに間違いなく相手に感づかれないように浮気の証拠を集めたいのであれば、専門...

  2. 子供の頃のお雛様の思い出

    2月になると、早々とお雛祭りの話題がちらほら出るようになってきました。お雛様と言...

  3. 家族皆が自然と集まるような

    我が家の庭に家族皆の憩いのスペースを作りたい・・・とは思うものの、何があればいい...

  4. テスト

    テスト記事です。...